徳島県阿波踊り協会所属 娯茶平 ホームへ

掲示板

HOME > 掲示板

今年の阿波踊り

阿波踊りが好きやねん! [771] 2018年8月16日(木) 22時31分43秒

  私は6年前から毎年阿波踊りを個人で観に来ています。毎年宿が取り難くなり、昨年はついに宿が取れず中央公園で野宿をする羽目になりました。そこまでしても毎年観に来るのは娯茶平さんの素晴らしい踊りに魅せられたからです。毎年、有料桟敷はもちろん娯茶平さんが出るステージを追っかけています。

もちろん、今年もワクワクした気持ちで初日から来ました。が、徳島駅に着いた途端、これまでとは違った空気を感じました。何か街の活気が無いのです。観光客もいつもより少ないし、有料桟敷席のチケットもあちこち余っていました。そうです。例の揉め事の影響と直ぐに分りました。

私は藍場浜で第1部、第2部を観ましたが、第1部は企業連が多く間延びした感は否めませんでした。

第2部もそんな雰囲気を引きずっていましたが、途中で予定表になかった娯茶平さんが登場しました!
その瞬間、藍場浜全体も雰囲気が変わりました。正に真打ち登場でした。あの重く、ゆっくりした娯茶平サウンドが段々と迫って来ました。いつもはニコニコされている岡連長のお顔が、今年は凄く緊張して踊っておられました。きっと「今年の揉め事はお客さんに申し訳ない。我々娯茶平が阿波踊りの神髄をお見せします」と言わんばかりの迫力を感じました。これまでで一番心に残った演舞でした。

そして最後は今年初めての試みである、有名連5連連続の踊り込み。これはもの凄く良かったです。
企業連、学生連を挟まず有名連連続の技のステージ。
こんな素晴らしい踊りは6年間で初めてで、最高に感動しました。大成功だと思います。
近くに居た人々も口々に「すごく良かった」、「来年も来ようぜ」(初めて観た人たち)と絶賛でした。

一方で娯茶平さんらと対立する振興協会が13日に総踊りを決行しましたね。これには賛否両論がありますが、最後に阿波踊りを心から愛する者として、この場を借りて是非ひと言伝えさせて下さい。

1.全体として今年の阿波踊りは成功とは言えないでしょう。例の揉め事により街に踊りを楽しむ雰囲気が乏しかったです。凄く寂しかったですう。

2.総おどりはやはり観光客のニーズがあります。これを辞めることは間違いなく観光資源、ブランドとしての阿波踊りは衰退して行きます。

3.一方で今年初めて試みた有名連を分散させたフィナーレは、少し目が肥えたファンにはたまらない魅力でした。各連も「自分たちの踊りを見て欲しい」とばかり、凄く楽しそうでそれが伝わって来ましたから。

4.結論
今年の総括はこれからされうでしょうが、阿波踊りは一体誰のためのものかをよく議論して下さい。踊り手さんたちが楽しめない阿波踊りが、観客を楽しませられるわけがありません。市長に任せるのではなく、保存協会、振興協会が協力して自分たちで「今後阿波おどりをこうしたい」と市長に提言して下さい。
私は@総おどりは南内町で振興協会だけでいいから存続させる、A有名連を分散したフィナーレも継続する。

これでいいじゃないですか。今のままズルズル揉め事が続くと、本当に来年以降も観光客からそっぽを向かれますよ。そのためにはやはり娯茶平さんがリーダーシップを取って、より良い改革を進めて欲しいです。

それと市長はチケットの売れ行き不振を「今年は曜日周りが悪かった」と言ってましたが、それが主な理由で無いのは明確ですが、この機会に毎年12日〜15日と固定している日程を、土日を上手く挟んで流動的にする手もあるのでは?

とにかく、毎年楽しみにしている観光客を裏切った徳島(徳島市、各連)の責任は大きいです。
来年、また行きたくなるように改善して下さい。
切によろしくお願いします。






 

- 上の記事に対する返信フォーム -

お名前
タイトル
パスワード ※無理に入れなくてもいいですが、半角英数4〜8字の好きな文字列を入れておくと、自分の投稿記事をあとで編集したり削除したりすることができます。
コメント
UP画像1
UP画像2